岡山で自然農を営んでいます。日々の農作業の様子や、出荷している野菜の紹介をしています。


by nori-lanka

プロフィールを見る
画像一覧

ノリランカ食農だより

カテゴリ

お知らせ
日記
イベント
フランス
スリランカ

最新の記事

紅葉、そして寒い季節
at 2017-11-18 21:58
冬の精進料理教室のご案内〜精..
at 2017-11-08 21:28
一つの夢
at 2017-10-29 22:13
雨続きの10月
at 2017-10-22 19:33
穏やかな日々
at 2017-10-10 00:01

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

−−−

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

スリランカのオーガニックとは(スリランカの旅②)

 今回の旅で、いくつかの農園を巡りましたが、友人に「オーガニックファーム」に行ってみたいとお願いしていたので、いくつかのオーガニックファームに行くことができました。
d0231263_23284094.jpg


一つは、マータレーにある、「Ecological Farm&Agricultural Training Center」。
ここのプロジェクトマネージャーからお話を伺うことができました。
現在4年目、面積は12エーカーで、お米、野菜、スパイスなど伝統品種を中心にし、化学肥料や農薬を使用せずに栽培しています。(ここでいう伝統品種とは、地域の村で育てられ続けている種を分けてもらっているそうです。)
d0231263_232988.jpg

この農園では、太陰暦にあわせて栽培し、1年間を2つの栽培期間にわけ、表を作っています。

d0231263_23293229.jpg

この色分けされているのは、それぞれ適する時期を示しているそうです。

d0231263_2330118.jpg

また、土の中の微生物を活性化させるため、堆肥として牛糞を使用しています。この牛糞は農園内で飼育している牛のもののみを使用し、その牛には農園内の草やココナッツをメインで与えているとのことでした。

d0231263_23302437.jpg

そして、「Kandyan forestgarden system」=自給自足的農業(キャンディ地域の伝統農法)で、森・スパイス・米・野菜・・・必要なものは全てそこでまかなうというやり方です。
そのため、大規模に単一作物を栽培するということはせず、通常1種類を栽培する面積で5種類の野菜を栽培するそうです。

d0231263_23305050.jpg

ここで作られた作物は、農園の入り口のお店で販売しています。

d0231263_23311084.jpg

伝統品種の色々なお米や野菜を購入することができますが、価格は慣行栽培にものとほとんど変わらないとのことです。それがこれからの課題である、と言われていました。

d0231263_23331870.jpg

それはなぜか?オーガニック=高いが需要がない、というのが今のスリランカの状態だそうです。
これは、国の研究機関などでも同じようなことを言われました。オーガニックに関心のある農家もいるし、国としてもその方向に進めたいが、国民は安いものを求めるので、オーガニック農家は経営が難しい、と・・・すぐに高収入に結びつくかどうか、が判断基準になっています。

d0231263_23322633.jpg

一方、コロンボ(商業主都)に行くと、少し印象は変わります。スーパーでもオーガニック野菜のコーナーができ、スパイスなどもオーガニックコーナーがあり、倍位の価格で販売されていました。
昔はあまり多くなかった生食用葉物が市場にも増え、健康を考える人が増えているように感じ、全体として生活水準も上がっています。友人たちや色々な試験場の方々と話していると、ただ、「オーガニック=体によい」とただ捉えられ、それを一つのステータスにしているようにも感じます。

そして、友人達からこんな話もききました。
昨年、お米の主要産地であるアヌラーダプラ、ポロンナルワ地域で大洪水が起き、お米の収量が激減しました。そのため、以前は60-80ルピー/1kgだったお米が、今年は80-160ルピー/1kgと倍位の価格になったそうです。そして、インドからの輸入米は40-60ルピー/1kgです。
さて、どちらを選択するか?
多くの友人は「インドからのお米は美味しくない。高いけど、スリランカ米を買う」と。

オーガニックで倍の価格になった野菜を買う人はいなくても、お米が倍の価格になっても、美味しい方がよいと買う人はいる・・・
ということは、オーガニックが高いから買う人がいないのではないのかもしれない、とも思います。

過渡期である現在のスリランカでは、オーガニックの根本を考えている農家は本当に少数であると感じます。オーガニックの農場でも、オーナーが畑に立つことはなく、オーナーがオーガニックの方針を労働者に指示し、労働者はただ指示された栽培法に従うだけという栽培がほとんどで、ウッパワンサ氏のように自ら畑で実践し、自ら考え、指導している人はほとんどいないのが現実です。
「オーガニック=無農薬栽培、収入が増える方法」と思うだけでなく、多くの作り手が将来に向けての持続可能な方法として捉えてほしいと強く思いました。
そして、そこから生み出されるものの本当の意味を考えられるような作り手と買い手が増えていってほしいと、変わり続けるスリランカの農業の一端を見て感じました。
by nori-lanka | 2015-03-11 20:27 | スリランカ | Comments(0)