岡山で自然農を営んでいます。日々の農作業の様子や、出荷している野菜の紹介をしています。


by nori-lanka

プロフィールを見る
画像一覧

ノリランカ食農だより

カテゴリ

お知らせ
日記
イベント
フランス
スリランカ

最新の記事

謹賀新年2018
at 2018-01-01 23:31
今年の終わりに
at 2017-12-30 22:52
祖谷の旅
at 2017-12-13 13:31
精進おせち講座を終えて
at 2017-12-06 22:14
干し柿
at 2017-11-23 23:18

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

−−−

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:日記( 590 )

謹賀新年2018

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
d0231263_23250433.jpg
野菜は畑にあるもの、レンコンは知り合いの農家さんからの頂き物で、今年もおせちを作ることができたことに感謝です。

d0231263_23254541.jpg
あるもので作れるものを詰めただけではありますが、野菜とゆっくり向き合う時間を作ることで、またこの1年も頑張ろう!と気持ちが新たになります。
d0231263_23251585.jpg
ようやく今日、年賀状の作成に取り掛かり始めたところです・・・

2018年はどのような年になるのでしょうか。
私たちは、この地で農業を始めて今年の春で10年目を迎えます。
今年のテーマは「穀物」。そして、今年は少しのんびりと自由に過ごしてみたいと思っています。
仕事としての農をしばらく横に置き、より暮らしに根ざした農を考える一年にしたいです。

皆様にとって心穏やかな一年となりますように。

by nori-lanka | 2018-01-01 23:31 | 日記 | Comments(2)

今年の終わりに

気づけば12月も終わり。
12月は予想以上のバタバタ、久々のインフルエンザなどで、あっという間に過ぎてしまいました。

d0231263_22400322.jpg
今年の一番大きな出来事の一つ。酉年に矮鶏を飼い始める(笑)矮鶏は私に大きな楽しみと癒しを与えてくれました!
d0231263_22365749.jpg
そして、ようやく餅つきにたどり着きました。今年、一人で自然農の田んぼで作ったヤシロモチ。
昨年は10人の仲間で作った田んぼ。今年はあまり手をかけることができず、、、でしたが、なんとか新年のためのお餅用は収穫することができました!
かまどで薪をくべて、米を蒸します。
d0231263_22370818.jpg
餅つき機に入れて、餅つき。そのうち、臼と杵でやりたいと思いますが!
d0231263_22371861.jpg
無事にお餅になりました!つきたての生餅が一番好きなので、早速いくつかそのまま頂きました。
とっても美味しいお餅になりました。栽培上の問題もあり、ヤシロモチはやめようかな、と思うのですが、お餅を食べると、やっぱり来年もヤシロモチを作ろう!と思うのです。
今年も無事にできたことに感謝です。
d0231263_22364690.jpg
今年は豊作な大根。小ぶりの大根が多いですが、やっぱり冬に大根があるのはすごく嬉しいです。
d0231263_22395322.jpg
おせち作りに向けて、畑のものを少しずつ収穫。
畑にあるものを中心に、今年はどんなおせちを作ろうか、と考えることも楽しみの一つです。

今年は本当に怒涛の日々でした。ブログを読んで下さった方々、野菜を手にとって下さった方々、いつも支えてくださる方々・・・皆様に支えて頂き、なんとか乗り越えることができた一年でした。それぞれの皆様に十分なお礼も言えず、不義理もあったかと思いますが、お許し下さい。
来年はもっと自分の時間を作り、場を整えていくことを優先させていきたいと思っています。

本年も大変お世話になり、ありがとうございました。
では、皆様、よいお年をお迎えください!

by nori-lanka | 2017-12-30 22:52 | 日記 | Comments(0)

祖谷の旅

今年の疲れを癒しに海を渡り、四国の温泉へ。

d0231263_12382683.jpg

下に見えるのは源泉掛け流しの温泉です。すごく質の良いお湯で、川や山を眺めながら、ずっと入って入られそうな温泉でした。
d0231263_12381101.jpg
本当に深い山に囲まれた地域。大きな畑などはなく、山の斜面も急。谷を流れる川の透明感は本当に美しい。
せっかくなので、そば打ち体験も!

d0231263_12373492.jpg
祖谷の在来蕎麦の実。普通の実よりも小粒です。祖谷はやせ地のため、収量は多くないけど、とても香りのよい蕎麦ができる、とおばあさんが言われていました。

d0231263_12375730.jpg
石臼で蕎麦の実をひきます。昔はお嫁さんとお姑さんが二人でひいていたそうです。仲のよい二人だと良い粉がひけるとか(笑)下を回す人が少しずつ実を穴に落としていきます。一度に落としすぎると粉が荒くなり、ゆっくり過ぎるとなかなか粉が引けません。ひいた粉は、すごく香りが良いです!一部機械びきの粉も使いましたが、やっぱり石臼でひく良さも実感しました。
d0231263_12374865.jpg
さて、蕎麦作りです。粉を混ぜ、水を入れる。この水の量は粉の半分以下。粉によっても水分量が違うので、一気に入れずに何度かに分けて水を入れます。そして、ボールの中で、全体に水分がいくようにこねていきます。硬さは大体耳たぶくらいの感じです。
そして、台の上に広げて、練っていきます。表面がすごく滑らかになってきたら、伸ばしていきます。ここで粉をつけるので、ヒビなどがないできるだけ表面がきれいな状態にするのがポイント。ある程度まで大きくなってきたら、大きな綿棒で巻いていきます。そして、ギュッギュと押し付けながら前に押していく感じで棒を前に回す、というのを繰り返します。
そして、伸ばせたら、粉をたっぷりつけて折って、切ります。
茹でる時にもポイントがあり、びっくり水を3回してからざるにあげます。
d0231263_12370279.jpg
茹でて頂いたお蕎麦です!とっても香りが良くて美味しかったです。蕎麦はできれば打ち立て、その日のうちに茹でた方が良いそうで、その後数日は冷蔵庫で保存できるそうです。
やっぱり打ち立ては格別でした。そば打ちは難しそうでちょっと敬遠していたのですが、今年の年越しは自分が打った蕎麦を食べたいと思います。そして、来年は、蕎麦を植えて、自分が育てた蕎麦の実でそば打ちをして年越しを迎えたいという目標が一つできました。

そして、ひきたての粉で作ったそばがきが、今まで食べたものとは全く違う美味しさに感動しました。胡麻豆腐のような感じのそばがき。いつか私もこんな蕎麦がきを作れるようになりたい!と思いました。

d0231263_12374106.jpg
これは、何でしょうか?
ヒエです。ご飯に入れて炊くととても甘いです。炊きたてのご飯を蒸らす時に入れるだけ!

d0231263_12372397.jpg
この地域で採れたものでできたお昼を頂きました。天ぷらは、鹿肉、こんにゃく、すいば、よもぎ、りんごなど。
ほど芋と呼ばれるこの土地でできる在来のジャガイモ。堅豆腐、ゴウヤやふきの佃煮、漬物など
器も竹の皮などで工夫されていました。
おばあちゃんの料理はどれもシンプルでとても美味しく、お腹がいっぱいになりました。

この地域は昔からやせ地だから、何を作っても香りが強くて美味しいんだよ、と言われていました。
ジャガイモも小ぶりですが、とてもぎゅっと締まって美味しく、前日の夜に頂いた郷土料理の野菜もすごく美味しかったのです。この気候風土で生まれる作物、この気候風土を感じることで得られることがたくさんあった旅でした。

そして、分けて頂いた蕎麦の実、ヒエ、ヤツマタ、大事に育ててみたいと思います。
雑穀は、やっぱりこれからの課題の一つになりそうです。


by nori-lanka | 2017-12-13 13:31 | 日記 | Comments(0)

干し柿

日に日に寒さが厳しくなってきました。

d0231263_23143697.jpg

今年は我が家の渋柿も豊作で、たくさんの干し柿を作ることができました。
2年前は、暖かく雨続きの秋だったので、柿がほとんどカビてしまいましたが、今年は今のところ良い感じです。

d0231263_23175556.jpg

今日はお茶のお供に、今年の干し柿を初めて頂きました。

d0231263_23223152.jpg

濃い色の干し柿は、中がトロトロで甘みが強い!
薄い色の方は種無しで、まだ少しフレッシュさが残るおいしさでした!
このままうまくいけば、今年の感謝を込めて12月の最後の野菜セットにも入れられるかな、と。

d0231263_23145115.jpg

そして、キュウイフルーツの収穫。霜が何度か降りた頃が収穫時期。早すぎると、甘みが乗らず、遅いと凍ってしまいます。これからリンゴ一緒に入れて、しばらく追熟させます。冬の嬉しいフルーツ。

d0231263_23151441.jpg

夕食の一皿。茹でたからとり芋と自家製リエット、サラダリーフを和えて。紅芯大根は、千切りにして塩もみ後酢を少々。彩りの豊かさを考えるのもやっぱり楽しい。それを堀さんの器で。

大豆の収穫の日々。天日に干して、豆をこなして選別する、エンドレスな作業ですが、もうひと頑張り。
by nori-lanka | 2017-11-23 23:18 | 日記 | Comments(2)

紅葉、そして寒い季節

気づけば11月も半ば。数日前に大霜が来て、一気に冬らしくなりました。

d0231263_21531645.jpg

1週間前の裏庭の紅葉。今年の色づきは美しく感じました。

d0231263_2153382.jpg

紅葉は美しいですが、これからの季節を思うと少し寂しくも感じます。

d0231263_2154271.jpg

苗を植えて、7年ほど経つみかん。放置栽培で、危うく存在を忘れそうなくらいでしたが、今年初めて実をたわわにつけてくれました!

d0231263_21542777.jpg

矮鶏たち。カカが、先週旅立ってしまいました。

d0231263_21544712.jpg

一番小さいそら。ようやく卵を産み始めました。3日に1度くらい産んでくれます。

d0231263_21553344.jpg

小屋の中に卵を産むスペースを作っていますが、そこで卵を産んでくれます。
しばらく温めていることもありますが、気づくと、卵が放置されています・・・

d0231263_21555679.jpg

トワちゃん。ほぼ毎日卵を産んでいて、一番元気です!
今は、なかなか虫もいなくなってしまったので、くず米、ぬか、麦、草、大根などの葉を刻んだものを中心に食べています。少し鰹節などもあげると喜びます。

d0231263_21563063.jpg

今年は大根が良い感じにできています。おでんに、鍋に、サラダに・・・やっぱり冬の料理に大根は欠かせない存在です。昨年ほとんどできなかった分、今年は堪能しています。

d0231263_21565264.jpg

晩生の水菜。鍋に入れたり、おひたしに。かなり大株に育つので、食べ応え十分。
水菜も最近出来が良くなかったので、久々に楽しめる冬。

d0231263_21571898.jpg

早生の水菜。こちらは少し葉が薄緑で、サラダなどで食べても美味しい品種。

d0231263_21574270.jpg

サラダミックス。草の中で彩り豊かに。

d0231263_2158783.jpg

大野芋。ようやく水洗いし、これから出荷。

数日前、ようやくもち米の脱穀も終えて、あとは豆類の収穫のみとなりました。これがなかなか終わりそうもないですが・・・
これからは、少し落ち着いた日々になるかな、と思ってます。
by nori-lanka | 2017-11-18 21:58 | 日記 | Comments(0)

一つの夢

2週連続で台風・・・10月は本当に雨続き・・・ですが、一つ嬉しいことがありました。
今年、矮鶏を飼うことにしたのは、卵を自給したいという目的でしたが、新米で卵かけご飯をしたい!というのは一つの夢でした。それがついに叶いました!!

d0231263_2144394.jpg

矮鶏の行列。みんなで田んぼまでお散歩です。ついに、一番前のトワちゃんが卵を産み始めたのです。

d0231263_21421066.jpg

小ぶりですが、ずっしりと重みを感じる卵。生みたての卵はまだほんわり温かい。
初めての卵は、発見した時、既に割れていました・・・高いところで産み落としてしまったようでした。なので、次から、その下に藁を敷いておくと、割れずに卵を頂くことができました。3日に2つのペースで産んでくれています。おそらく、有精卵です。

d0231263_2143223.jpg

卵を割ってみました。綺麗な卵。
くず米や麦、米ぬかは餌箱に入れていますが、それ以外は基本的に矮鶏たちは、外で、草やミミズ、バッタ、コオロギなどを食しています。トウモロコシを与えることはありませんが、黄身の色が濃くて驚きました。
矮鶏を育てるにあたり、本を読んだり、色々調べたりしましたが、自分の欲しい情報はなかなか見つかりませんでした。なので、植物を育てるのと同様に、矮鶏たちとコミュニケーションをとりながら、一緒に育ってきた気がしています。自然農でも現代の一般的な農業と考え方が大きく違いますが、動物を育てるにあたっても同じことが言えるように感じます。
とはいえ、まだまだわからないことだらけで、何かを言えるほどに経験を積んでいませんが、矮鶏を育てることから想像以上に多くのことを学ばせてもらっています。

d0231263_2142319.jpg

ようやく昨日、ヤマビコの新米もでき、早速炊いてみました。
今年は、昨年よりも実の充実を感じます。

d0231263_21425765.jpg

そして、念願の卵かけご飯!今まで食べた卵かけご飯の中で、一番美味しく感じました。
とっても感動でした。矮鶏や、矮鶏を飼うにあたり関わってくださった方々に感謝です!

d0231263_21442266.jpg

ようやく生姜の収穫も始めました。香りがとても高いので、料理にはほんの少しの量で十分です。

d0231263_21444186.jpg

赤カブ。とても綺麗な赤です。

d0231263_2145143.jpg

今年豊作の西条柿。山盛りに収穫してきたので、これから夜なべ仕事で干し柿を作ります。

今年の米作りは後、もち米を残すのみ。ようやくホッとしました。今年の米作りのことは、また改めて書きたいと思います。
小さなことの積み重ねですが、一つ一つ地に足をつけてできることを増やしていきたい、それがまた一つできた記念日。
by nori-lanka | 2017-10-29 22:13 | 日記 | Comments(0)

雨続きの10月

10月は本当に雨が多く、最近は太陽が恋しい日々です。
昨年は天然キノコがたくさん生えましたが、今年は不作で、原木キノコたちもまだほとんど顔を出しません。この台風が通り過ぎると、一段と秋が深まるのでしょうか。

d0231263_19114864.jpg

春菊。小さいうちはサラダで、大きくなると鍋で楽しんでいます。

d0231263_19121535.jpg

畑のベビーリーフ達。

d0231263_192359100.jpg

ルッコラは非常に香りが高いです。

d0231263_19123917.jpg

大根。昨年は9月の長雨で大半が虫にやられてしまいました。今年は今までのところ順調に成長しています。この長雨を乗り越えてくれることを強く願って・・・

d0231263_19125756.jpg

切太大根。間引きながら、根も葉も頂きます!

d0231263_19131898.jpg

野良タジェットが畑で一際良い香りを放ち、存在感を示しています。

d0231263_19183268.jpg

もう少し天気が続いて良い色に熟して欲しいと願う、南瓜。

d0231263_19185231.jpg

早生の小豆はなんとか収穫できました。この色合いが気に入っています。
これから収穫の小豆は、長雨でサヤがカビていたり・・・早い天気の回復を願うばかりです。

d0231263_1919282.jpg

黄色の唐辛子。今年は豊作!!

d0231263_19133927.jpg

8年目の西条柿。ようやく今年はたくさんの実が付いています。ただ、干し柿にするには天気が悪すぎる・・・晴れたら収穫して、干し柿をたくさん作りたい!

d0231263_1914533.jpg

随分と成長しました矮鶏達!天気が良い日は毎日、一緒に田んぼまで歩き、田んぼの中で虫や落ち穂を食べて駆け回っています。雨で外に出られないとストレスが・・・鳥達も天気の回復を願っている(はず)です!

各地に台風の大きな被害がありませんように・・・
by nori-lanka | 2017-10-22 19:33 | 日記 | Comments(0)

穏やかな日々

少し寒さが和らぎ、暑さが戻ってきた日々。朝は霧が立ち込めて、幻想的な風景です。

d0231263_2344681.jpg

木の間からの朝日。

d0231263_234431100.jpg

少しずつ霧がはれていく空。

d0231263_23445937.jpg

西条柿。今年は豊作なので、干し柿をたくさん作りたい!

d0231263_23452816.jpg

はざかけ天日干し中のヤマビコ。干している時にはあまり雨には当たりたくないですが、今年は週一回は一日中雨という日があるので、なかなか脱穀のタイミングが難しいです。

d0231263_2346640.jpg

夕日に当たる大根。少しずつ根が太ってきました。

d0231263_23462342.jpg

まだ小さい大根。

d0231263_23463945.jpg

水菜も今のところ、大きく虫の被害はなく。今年は鍋で楽しみたいです。

d0231263_2347191.jpg

少し生え始めたナメタケ。

d0231263_23471617.jpg

見渡す田んぼは全て稲刈りが終わり、少し寂しく見える田んぼ。

稲刈りが終わり、ちょっとホッとした1週間。とはいえ、なかなか脱穀の時期が見えず、落ち着かない日々。
今週から、気持ちも畑も秋冬バージョンに切り替えて、これからの季節を楽しみたいです。
by nori-lanka | 2017-10-10 00:01 | 日記 | Comments(0)

一息

今日は朝から1日雨でした。ハザにかけた稲束が落ちていないか確認したり、、、の作業はありましたが、稲刈りも無事に終わり、気持ちが久々にゆっくりした一日。

d0231263_2158347.jpg

明日の友人宅での食事会用の食材を集めに畑へ・・・

d0231263_21585256.jpg

春菊はリンゴのような香りがします。

d0231263_2159890.jpg

大根はまだ根は太っていませんが、少しずつ大きくなってきています。

d0231263_2201736.jpg

小松菜は今年一番調子がよく、大きく成長しています。

d0231263_21592783.jpg

金時草。寒暖の差が激しい方が、赤色が綺麗に出るそうです。

d0231263_21594817.jpg

枝豆を食べながら平和な夜。
今週は畑の衣替え。夏から冬仕様へ!
by nori-lanka | 2017-10-02 22:07 | 日記 | Comments(0)

ヤマビコの稲刈り

朝晩の冷え込みを感じる秋。ヤマビコの稲刈りをしています。

d0231263_2165268.jpg

ぬかるみの多かったこの場所は、ぬかるみがなくなる場所まで手で稲刈り。

d0231263_2171447.jpg

ぬかるみのない場所は、バインダーで刈り、ハザに稲束をかけていきます。

d0231263_217409.jpg

矮鶏たちも田んぼの中で、カエルなどを捕まえて楽しんでいます。

d0231263_21814.jpg

昨日も今日も、友人たちがお手伝いに来てくれて、なんとか夕方に稲刈りを無事終えました。
農家の大先輩のお二人はお忙しい中、ありがとうございました。
四国から来てくれた稲刈り初体験の友人や、来年から米作りを始められるご家族、いつも何かあったら助けてくれる友人夫婦など、今年も色々なご縁を頂き、そのエネルギーも田んぼに力を与えてくれました。

d0231263_2181715.jpg

9回目の稲刈りも、多くの方々に支えて頂き、無事に乗り切ることができて、感謝の気持ちでいっぱいです。
早速、明日から雨予報・・・ゆっくりと追熟していく稲の穂を見守りながら、無事にお米ができる日を楽しみに待ちたいと思います。
by nori-lanka | 2017-10-01 21:15 | 日記 | Comments(0)