岡山で自然農を営んでいます。日々の農作業の様子や、出荷している野菜の紹介をしています。


by nori-lanka

プロフィールを見る
画像一覧

ノリランカ食農だより

カテゴリ

お知らせ
日記
イベント
フランス
スリランカ

最新の記事

今年の枝豆
at 2017-08-13 22:52
鶏の散歩
at 2017-08-06 22:25
日本ミツバチの蜜採取
at 2017-07-30 23:53
夏野菜の収穫
at 2017-07-28 23:21
7月に入り
at 2017-07-08 20:34

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

−−−

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

植物との対話

植物は人間の言語を話しません。しかし、植物は植物の方法でこちらに発信してきます。それを人間の側がどう受け止めるか、受け止める気持を持っているか、ではないかと思います。

d0231263_223163.jpg


その例の一つとして、木村秋則さんの本に書いてある実験です。
「きゅうりのひげが巻きつきますか」
きゅうりの巻きひげの前に一本の指を出します。ひげが指に巻き付いてくる人とそうでない人がいるようです。

私もそれを知ってから、作業の合間に試しています。きゅうりは4カ所の別の畑で育てているのですが、畑によってもきゅうりの反応に早い遅いがありますが、きゅうりのひげが巻き付いてくれます。
d0231263_2234570.jpg

d0231263_2241940.jpg

ひげがくるっと指に巻き付いてくると、きゅうりが甘えているのかなという気持になります。そのまま指をおいていると、きゅっと巻き付く感じはとても優しくて包み込んでくれるように感じます。



農業において、作物を作るには色々な要素が必要です。種子、土壌、水・・・そして、その作物を作る人間がどう作物と関わってそれを作り出したのか、この部分は効率化されていく中で軽視されつつありますが、きっと農業で一番大切な部分であると思う日々です。
by nori-lanka | 2011-06-29 22:09 | 日記 | Comments(0)

椎茸の原木立て


d0231263_2344140.jpg

椎茸の原木に菌が回っているので、間伐材で台を作って原木を並べました。
かなり太い丸太を移動させて並べるので、なかなかハードな作業の一つです。
1年半後にたくさんの椎茸が生えることを願いつつ。

d0231263_2355237.jpg

ライ麦の穂が実ってきました。そろそろ収穫時期となります。

先日収穫して干していたビール麦は、棒でたたいて脱穀しました。
昨年よりも沢山とれました。

d0231263_2353813.jpg

昨年のこぼれ種から発芽したソバが、ひっそりと白い花を咲かせています。

d0231263_2351645.jpg

カルシウムをふって干している田んぼには、たくさんのカエルがいます。
by nori-lanka | 2011-06-27 23:13 | 日記 | Comments(0)

アジサイ

d0231263_20344752.jpg

今の時期、色々なアジサイが花を咲かせ、梅雨を楽しませてくれます。そんな中から少し変わったアジサイを少しばかりご紹介。

d0231263_20351039.jpg

葉がかしわの葉のような形をしたアジサイです。

d0231263_20352640.jpg

うっすらと赤いふちがキレイなアジサイです。

d0231263_20355429.jpg

純白のアジサイも。
by nori-lanka | 2011-06-26 20:40 | 日記 | Comments(0)

6/24の出荷

d0231263_21583945.jpg

ブルーベリーの実が熟してきました。まだ鳥に見つかっていないようで、作業の合間に食べています。

今の時期、夏野菜は育っている最中で、まだあまり収穫できるものがありません。
そんな中、本日の出荷はハーブ中心です。フレンチベビーチコリ、三つ葉、チャービル、フェンネルです。いずれも自然栽培のものです。

d0231263_2215218.jpg

チャービルは、「美食家のパセリ」とも呼ばれています。最近はケーキの飾りとしても使われているようです。生葉をスープやサラダなどにいれたり、マヨネーズやバターに練り込んだりしてみてはいかがでしょうか。

フェンネルは「魚のハーブ」と呼ばれ、魚の臭みをとって風味を増すと言われています。魚の香草焼きなどにどうでしょうか。
by nori-lanka | 2011-06-24 22:09 | お知らせ | Comments(0)

選択

d0231263_23124492.jpg

稲の葉の色が少しずつ、濃い緑から薄緑に変わってきました。

農業をする中でも、色々な選択があります。そして、その選択がどうであったかは、作物が教えてくれます。

今年は、稲の栽培をする中で、今までの2年と大きく違う選択をしました。それは穂肥の選択。
倒伏軽減剤の入らないものを使うことにしました。これは、適期に適量の穂肥を入れなければ、稲が伸びすぎて倒れ、収穫に大きく影響することになります。稲の成長を、よりしっかりと観察することが必要となります。

毎日田んぼでひたすら草を取り、日に日に変わっていく稲の生長をみていると色々考えます。稲を本当の意味でしっかり理解していきたいと。
by nori-lanka | 2011-06-23 23:40 | 日記 | Comments(0)

久々の晴れ間

d0231263_210660.jpg

本日は久々に晴れました。梅雨でじめじめした日が続く中、久々の太陽の光。暑いですが、風が爽やかで、こんな日は気持ちよく溜まった作業に精を出します。

d0231263_2103986.jpg

ここ数日、ひたすら田んぼの草とりをしていると、腰やももの裏が若干の筋肉痛・・・なかなかハードな作業ですが、稲の株の周りを手でかくことで株元に酸素が入ります。努力のかいがあってか、ここ数日で稲がぐっと生長してきた気がします。

d0231263_21133.jpg

少し収穫が遅れましたが、くさぎなの新芽を摘みました。これを軽くゆがき、水に浸した後、天日干しして乾燥させます。これを水でもどして、煮ます。ごぼうや人参、鶏肉などと合わせた「くさぎなのかけめし」は吉備中央町の郷土料理となっています。
生の葉は独特のにおいがありますが、灰汁を抜いて料理すると、とても美味しいです。
by nori-lanka | 2011-06-21 21:13 | 日記 | Comments(0)

6/17の出荷

 
d0231263_2355711.jpg

 梅雨の中の晴れ間。久々に太陽の光をたっぷり浴びました。野生のササユリが咲いています。

 さて、本日の出荷は、スナップえんどう、アラスカ、フレンチベビーチコリ、讃岐長莢ソラマメ、イエローキャロットのまびき菜、黒田五寸人参のまびき菜です。全て自然栽培の野菜です。

d0231263_2364371.jpg

 アラスカは皮をむいて、豆ご飯などにどうぞ。

d0231263_2392513.jpg

 今年から種取りを始めた人参。人の背丈くらいの高さに伸び、花をつけます。写真は愛知の伝統品種、碧南鮮紅五寸人参です。
by nori-lanka | 2011-06-17 23:13 | お知らせ | Comments(0)

田んぼの雑草

d0231263_2182435.jpg

除草剤を入れていない私たちの田んぼには、見事に雑草が生えました。
 一度は、除草機で稲の間を除草しましたが、まだまだ元気に雑草が伸びています。米作りの指導して下さっているトシオさんには、「田んぼに雑草が・・・」と絶句されています(汗)

 ようやく先日より、田んぼを這うようにして、田の草取りを開始しました。稲の苗の周りを手でかいて、稲の周りの雑草をとります。小さいものは水に浮かせ、大きい雑草はある程度溜まったら足で田の中に穴をあけてそこに埋めます。
 稲の周りを手でかくことで、根に酸素が入り、分けつによい効果をもたらすようです。

 それにしても、なかなか根気のいる作業ですが、おたまじゃくしが足下を泳いでいたり、水田の水の温かさを感じながらの作業は楽しくもあります。雑草のヒエは、稲のような顔をして稲のそばに生えているので、たまに区別つかない時もあります。(写真中央はヒエです。)

 他の除草剤入りの田んぼは、ほとんど雑草が生えていません。草取りの労力を考えると、除草剤の開発がどれ程効率化に寄与したか知れません。しかし、それにより失ったものもあるのです。
 それを一つずつ拾い出してみることも、私にとっては大切な作業です。
by nori-lanka | 2011-06-14 21:09 | 日記 | Comments(0)

6月の畑

d0231263_22545613.jpg

みょうがの葉にとまっているミヤマクワガタを発見。

d0231263_22552955.jpg

さんしょの葉が大好きなアゲハ蝶の幼虫。自然畑に自生した小さなさんしょの木の葉を食べ尽くす勢いです。

d0231263_22561236.jpg

ジャガイモの花が咲き始めました。

d0231263_8123360.jpg

今年の新顔、レンズ豆に花が咲きました。白い小さな花です。暑さと湿気が苦手と言われるレンズ豆。果たして無事に実がなるでしょうか。今年は春に種を播きましたが、割と寒さに強そうなので、秋播きがよいかと考えています。
by nori-lanka | 2011-06-12 23:52 | 日記 | Comments(0)

6/10の出荷

d0231263_22521187.jpg

雨の中、アジサイが咲き始めると、梅雨を感じます。

本日の出荷は、スナップえんどう、イエローキャロットのまびき菜、フレンチベビーチコリ、河内一寸ソラマメ、讃岐長莢ソラマメです。どれも自然栽培で育てたものです。

d0231263_22523981.jpg

フレンチベビーチコリは、苦みが強いのが特徴です。この苦みには、レモン風味のドレッシングが合うと感じました。菜種油大さじ1、醤油大さじ1/2、レモン汁大さじ1/2を合わせたドレッシングもおすすめです。

2種類のソラマメはどちらもおすすめです。讃岐長莢は、粒は小粒ですが甘く、表皮ごと食べることができます。乾燥させた豆は香川の伝統食「醤油豆」の原料となるようです。
by nori-lanka | 2011-06-10 22:42 | お知らせ | Comments(0)