岡山で自然農を営んでいます。日々の農作業の様子や、出荷している野菜の紹介をしています。


by nori-lanka

プロフィールを見る
画像一覧

ノリランカ食農だより

カテゴリ

お知らせ
日記
イベント
フランス
スリランカ

最新の記事

晴れ続き
at 2017-06-18 22:17
新しい仲間
at 2017-06-04 22:23
田植え2017
at 2017-05-27 22:54
田植えの日々
at 2017-05-21 22:09
一番忙しい季節
at 2017-05-17 22:19

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

−−−

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

こんにゃく作り

祖母からこんにゃく作りを学びました。

d0231263_2214941.jpg

材料は、コンニャクイモと炭酸ソーダと水です。芋1キロに対し、水は3.6L程度。いかに水が多いかわかります。


〜作り方〜
まず、コンニャクイモを切り、皮をむいて茹でます。そして、ぬるま湯と共に少しずつミキサーにかけてどろどろの状態にします。水が少ないと固くなってしまうので、水とこんにゃくの量を考えながらするのがポイントです。
d0231263_22142355.jpg


そして、炭酸ソーダを水に溶かしたものを入れ、しっかりとまぜます。ここで、しっかり混ぜることが大切ですが、どんどん固まってくるので、素早くすることも大切です。真っ白だったものが、少し灰色に変わってきます。
d0231263_22143839.jpg


手に炭酸ソーダ水をつけながら、丸めていきます。
d0231263_22154348.jpg


そして熱湯の中にいれて、しばらく茹でます(一番上の写真)。茹で終わり、冷めたら水に入れかえて出来上がり。
d0231263_22155898.jpg


手作りこんにゃくは、食感が他とは違います。さしみこんにゃくで食べても美味しいです。
塩で揉んで軽く茹でてから料理に使うと、味がしみやすいと祖母からききました。

最近は、道の駅などでも売っているこんにゃく芋。興味ある方は是非、挑戦してみて下さい。
by nori-lanka | 2012-01-31 22:13 | 日記 | Comments(0)

仲間のエネルギー

 週末、横浜で弟の結婚式が無事に終わりました。
 今回はその前に、木工作家の友人の新しい工房を見に、伊豆に寄り道しました。ずっと行きたかったのですが、なかなか行くことができず、ようやく行くことができました!
 とっても素敵な工房なので、少しご紹介したいと思います。

 名前は、「ろくもく」。
d0231263_18352576.jpg


 工房の一部は、ショールームとなっており、彼女の作品が宝物のように並んでいます。木で作るスプーンやフォーク・箸などはとても温かく、木の種類によって、色や木目や肌触りなどが違います。
d0231263_18353731.jpg


 子供用のベビースプーン。子供が持ちやすいように作られていて、名前入りも可能。
 ベビースプーンはみかんの木で作られたものが多く、暖かみのある黄色のスプーンになります。
d0231263_18355390.jpg


 左側は、アイスクリームスプーン。ラッピングもかわいらしく。
d0231263_1836783.jpg


 色々な木で作られたボタン。ブローチやヘアゴムなどにも楽しめます。
d0231263_18362621.jpg


 木を愛する人が、使う人のことを考えて作ったスプーン。
 木を無駄にすることなく、通常使えない枝は、彼女のアイデアで、ボタンなどに新しく生まれ変わりました。彼女の手により、木に新しい命が吹き込まれます。
d0231263_18363789.jpg


 ネットショップにて購入可能です。詳細はこちら

 「ものつくり」について、プロの意識の高さや情熱・・・色々なことを改めて感じ、たくさんのエネルギーを頂きました。彼女の周りにも、養蜂屋さん、自然農農家さん・・・真剣に「ものつくり」に取り組まれている方々がたくさんいて、色々なお話をきき、たくさんの刺激を受けました。

 仲間からもらったエネルギーを、明日からの畑作りに注いで頑張ります。
by nori-lanka | 2012-01-30 19:47 | 日記 | Comments(0)

こんにゃく芋

今朝は部屋の温度が2度で、凍えるように寒い朝でした。

d0231263_23343971.jpg

こんにゃく芋を掘りました。これを使ってこんにゃくを作ります。こんにゃく芋と炭酸ソーダ、水があれば簡単にできます。実際に作ると、いかにこんにゃくが水でできているかを実感できます。
来週、こんにゃく作りをする予定なので、詳細はその時に。

寒く雪の積もる中、イタリアの菜花の黄色は、畑を明るくしてくれます。
d0231263_23385634.jpg

d0231263_23392679.jpg


d0231263_23394270.jpg

雪に覆われる、自然畑のビール麦。

祖母と共にいつも縁側でひなたぼっこしている老猫のミーコです。
d0231263_2340029.jpg


寒さが続く中、週末は横浜で弟の結婚式。少し早めに明日出発し、伊豆に途中下車します。
by nori-lanka | 2012-01-25 23:36 | 日記 | Comments(0)

冬景色

寒い日々ですが、冬の空はとても澄んでいます。
d0231263_215976.jpg


夕方に雪が降り、一面がうっすらと白くなりました。
d0231263_21592921.jpg

葉の上にも雪が積もっています。
d0231263_21594732.jpg


ようやく、鉈豆の莢をむいてみました。今年は植えるのが遅かったため、実が熟する前に、寒さで鉈豆が枯れてしまい、あまり豆はとれませんでしたが、来年の種分は確保できました。
d0231263_220464.jpg


遅咲きのロウバイが咲き始めています。
d0231263_2202112.jpg

by nori-lanka | 2012-01-24 22:00 | 日記 | Comments(0)

春のような暖かい一日

d0231263_22563037.jpg

水仙の蕾がもうすぐ咲きそうです。

d0231263_2257099.jpg

本日、開墾畑に畝をたてました。昨年は畝たての時間がなかった場所の一つです。少し水が溜まりやすい場所なので、少し畝を高めに、溝をしっかりつけました。鍬で溝をうち、溝の土を畝にあげ、竹の根を切り・・・なかなか時間のかかる作業ですが、畝がたつと少し畑らしくなりました。

本日はとても暖かく、巣箱にこもりがちのミツバチが活発に活動し、春の訪れを感じる一日でした。

d0231263_2353432.jpg

老犬「しずか」も元気です!
by nori-lanka | 2012-01-22 23:06 | 日記 | Comments(0)

1/20の出荷

本日の出荷は、サニーレタスとミニ人参、京水菜です。

d0231263_22502452.jpg

サニーレタスは寒さに負けず、葉の色は寒いせいか赤が濃くなってきました。

d0231263_2250413.jpg

人参はサイズはミニサイズで、とっても甘いです。
洗ってそのままシチューやカレーにもご利用頂けます。

d0231263_22512968.jpg

京水菜は、2種類のサイズがあります。大株となったものは、鍋におすすめ。
by nori-lanka | 2012-01-20 22:51 | お知らせ | Comments(0)

サルサ・ヴェルデ

d0231263_2353086.jpg


サルサ・ヴェルデとは、イタリア語で「緑のソース」。肉を煮込んだ郷土料理につける、イタリアンパセリを使ったソースで、魚やグリル野菜、サラダなどにも幅広く活用できるようです。

イタリアンパセリは、苦みが少なく風味がよいので、スープ、パスタ、サラダなどに利用されます。時期によってたくさん収穫できますが、その特徴を活かしたよい使い道はあまり見いだせていませんでした。

通っているイタリア料理教室での一品、このソースを使ったタコとジャガイモのサラダ。
イタリアンパセリを割とたくさん使います。見た目はバジルソースのような仕上がりですが、バジルソースともまた一味違い美味しいです。イタリアンパセリの良さを活かしたソースだと思いました。

野菜を育てる生産者として、その野菜を美味しく食せる消費者でもありたいと思っています。
そして、その野菜の美味しい活かし方を知り、より理解を深めることで、それを野菜作りにフィードバックしていきたいと思います。
by nori-lanka | 2012-01-19 00:15 | 日記 | Comments(0)

田舎の冬の朝

晴れた冬の朝、朝日がのぼる田舎の空気は、とてもすがすがしいです。

d0231263_2125440.jpg


d0231263_2131475.jpg


朝日が山や畑を照らし始めると、なんでもない景色がとてもまぶしく感じられます。

d0231263_2133437.jpg


とても静かな田舎の朝ですが、日の出の時間の景色は刻一刻と変わっていきます。

d0231263_2134899.jpg


d0231263_214266.jpg


今日も頑張ろうと思える朝です。
by nori-lanka | 2012-01-17 21:04 | 日記 | Comments(0)

竹林

d0231263_8485674.jpg

冬の仕事の一つに、竹林の整理があります。
竹は色々なことに活用できますが、切るのに適する時期は秋から冬です。この期間に切った竹は、長く持つと言われ、1年間で使う分を切っておくとよいのです。

d0231263_8492044.jpg

昨年、初めて竹林に猪が入り、かなりのタケノコを食べられました。
そのため、竹林に猪よけのネットを張りました。

d0231263_8494379.jpg

ネットを張るだけだと、下の隙間から入ってくるので、ネットの下に、竹をくくりつけました。

d0231263_850518.jpg

ネットを張る部分の落ち葉を集めていると、たくさんの菌糸の塊を発見。この自然の分解者を、畑の土の中に入れています。

竹は、昔から最も人と共に生きてきた木の一つに感じます。この竹の活用は私たちの課題の一つです。今年の冬は、竹の炭焼きに挑戦したいと思っています。
by nori-lanka | 2012-01-16 09:15 | 日記 | Comments(0)

1/13の出荷

さて、本日は今年初の出荷でした。

出荷したのは、チーマディラーパ(イタリアの菜花)、かぶ(フランスのナンシー/マルトー/みやまこかぶ)、野生のせり、京水菜、とうがらしです。

d0231263_22201044.jpg

こんな真冬に、蕾をつけた菜花は、イタリアのチーマディラーパです。オリーブオイルとの相性がよいようです。

d0231263_22202864.jpg

マルトーはフランス語で石鎚という意味だそうです。なんだかミニ大根のような外見ですが・・・シチューやスープなどにどうぞ。
種取りの段階で、形がよいカブを選んで選抜していく必要がありそうです。

d0231263_2220431.jpg

祖母から受け継いでいる唐辛子。秋に熟して赤くなった唐辛子を収穫し、天日干しにしたものです。
料理の際に、少しずつ切りながら使ってもよいですし、はさみで輪切りにして、できれば炒って、瓶にいれておくと使いやすいです。

西洋野菜は育てれば育てるほど未知の世界です。育て方、使い方など、まだまだわからないことが多いですが、その分、魅力も感じています。2月にフランスで現地の野菜を見て、勉強してきます。
by nori-lanka | 2012-01-13 22:37 | お知らせ | Comments(0)