岡山で自然農を営んでいます。日々の農作業の様子や、出荷している野菜の紹介をしています。


by nori-lanka

プロフィールを見る
画像一覧

ノリランカ食農だより

カテゴリ

お知らせ
日記
イベント
フランス
スリランカ

最新の記事

雨続きの10月
at 2017-10-22 19:33
穏やかな日々
at 2017-10-10 00:01
一息
at 2017-10-02 22:07
ヤマビコの稲刈り
at 2017-10-01 21:15
朝の散歩
at 2017-09-24 22:54

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

−−−

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2014年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

日本ミツバチの蜜の採取

採取した日本ミツバチの蜜は、花の蜜のような香りがして、とても優しい甘み。
d0231263_229015.jpg

昨日、巣箱から1群のミツバチが分蜂しました。
本日その巣箱の中の様子を見て、1段分の蜜を採取しました。
この巣箱にミツバチが入って、ちょうど1年です。

d0231263_2293199.jpg

巣箱の中は、このように巣ができ、蜜が溜まっています。一段でもかなりの重さがあります。

d0231263_2295230.jpg

巣箱から中身を出すと、一部、まだ幼虫の部屋がありました。

d0231263_22113055.jpg

ミツバチの幼虫がどのように成長していくのか、少し見えた気がします。
ミツバチに如何にダメージを与えず、蜜を分けてもらうか、今後の課題です。

昨日、ミツバチが分蜂した時の様子はこちら。一度、午前中に巣から出た蜂達は、近くの木で木の枝にぶら下がっています。そして、だいたい3時頃、空高くどこかに飛び立っていきました。
今まで何度か分蜂の様子を見ていますが、天気がよく暖かい日に巣立つことが多いです。



日本ミツバチを巣箱に維持し続けることはなかなか難しいですが、ミツバチの住みやすい環境を作っていきたいです。
by nori-lanka | 2014-04-27 22:24 | 日記 | Comments(0)

夏に向って

d0231263_22263957.jpg

巻きひげを食するエンドウ。エンドウの巻きひげを並べると、この形の面白さを感じますが、まきひげ同士が絡み合わないようにする収穫は大変です。

d0231263_22254369.jpg

心の祖国の、伝統品種の米です。今年初めて、自然農で育ててみます。

d0231263_2226140.jpg

やっと見つかった品種の種籾。芽きりができ、本日籾まきをしました。
田舎のこの地域では、唯一86歳のおじいさんが作り続けていて、種籾を分けて頂きました。地域の方にこの品種を話すと、「まだあったのか!」ととても懐かしそうに話されました。軸が長く、藁の利用価値もあるそうです。
この地域で、大切に繋いでいきたい米の挑戦です。

d0231263_2227044.jpg

そして、山の中を散策。

d0231263_22271576.jpg

清水の湧き出るところで、サワガニを発見!

d0231263_2227355.jpg

そして、地域のおじいさんから、接ぎ木を教えて頂きました。栗の木に接ぎ方を学び、接いでみました。
今がちょうど接ぐのによい季節とのこと。接ぐ木は、1-2月の休眠期間中に枝をとり、冷蔵庫保管がよいようです。無事につくことを願って。

d0231263_2228425.jpg

ジャガイモの発芽。

夏に向って、頑張ります!
by nori-lanka | 2014-04-26 22:48 | 日記 | Comments(0)

たくさんの花

d0231263_21155871.jpg

モミジの花が咲いています。この時期にそれに気づく人は少ないのではないでしょうか。
秋の紅葉の時期に注目されますが、春はひっそりと花を咲かせています。
先日、日本料理のお店で、モミジの花を使われていて、はっとしました。こんなところに気づけるようになりたいです。

d0231263_21182245.jpg

4年目のリンゴに、ようやく花がつきました。

d0231263_21284566.jpg

ポポーの花も咲き始めました。

d0231263_21172617.jpg

山桜は、普通の桜より、少し遅れて咲いています。

d0231263_21174681.jpg

野にはコバンソウ。種がつく頃に、この名前の意味がわかります。

d0231263_2118822.jpg

いい香りの花、調べてみると、シロバナアケビ。今、山の中で満開です。

d0231263_21183884.jpg

そろそろワラビの出番です!

春は、山や野や畑で、たくさんの花が咲いています。ひっそり咲いている花がたくさんありますが、よく見るととってもきれいな花が多いです。
忙しい季節ですが、立ち止まって花を楽しむ時間も持てる心の余裕をもちたいと思う日々です。
by nori-lanka | 2014-04-23 21:31 | 日記 | Comments(0)

山菜の収穫

2週間ぶりに雨が降り、草木が勢いを取り戻しました!

d0231263_20554044.jpg

さて、山菜の収穫です。たらの芽、コシアブラ、ミツバ、ウルイ、ノビル、わらび・・・

d0231263_205687.jpg

今日が初収穫のコシアブラ。山菜の女王です。
タラよりも柔らかく、風味豊かです。早速天ぷらで頂きました。

d0231263_20571333.jpg

フランスのグリーンリーフ。葉の中に白いかわいい花が咲き、飾りに最適。

d0231263_20572843.jpg

筍も掘りました。足で踏んで、筍の先があたるくらいのを堀りあげると、柔らかく美味しいです。

d0231263_20574290.jpg

そして、筍といえば、木の芽です。山の中の柔らかい木の芽は香りも最高です。

筍ご飯、山菜の天ぷら、お浸しなど、春の味覚を楽しみながら、夏に向けて準備を進める日々。やっぱり春の野生のエネルギーは、本当に力強いですね。
by nori-lanka | 2014-04-18 21:04 | 日記 | Comments(0)

少しずつ

ここ2週間程、雨が降っておらず、畑も田んぼも草木も、私も雨を待っています。
ミツバチは活発に活動し、雄バチの姿が見えるので、もう少ししたら分蜂するかもしれません。

d0231263_734085.jpg

庭には、白いスミレが咲いています。

d0231263_7323764.jpg

ソラマメの花が咲き始めました。今年の春の寒さにも、耐えて成長しているソラマメ。少しずつこの土地の寒さにも馴染んできてくれたのでしょうか。

d0231263_733666.jpg

イギリスのエンドウ。このまきひげが特徴です。
エンドウにも少しずつ花が咲き始めています。

d0231263_7332889.jpg

畑に咲く大根の花。アブラナ科の花も、それぞれに個性があります。野菜の花の美しさを感じられることも、種取りの魅力の一つです。

d0231263_7334468.jpg

ようやく発芽しているピーマン。

今は稲の苗、夏野菜の苗作りの日々です。温室での野菜の苗作りをやめ、露地でゆっくりと育てています。色々な種を早く蒔きたい、という衝動はありますが、自分の都合でなく、できるだけ自然に合わせて育てていきたいと思っています。
by nori-lanka | 2014-04-17 07:47 | 日記 | Comments(0)

花の季節

まだまだ朝晩の冷え込みは厳しいですが、昼間は20℃を超える暖かな春。

d0231263_22132099.jpg

しだれ桜の花が満開となりました。

d0231263_2214310.jpg

桃の花も満開。

d0231263_22142273.jpg

庭ではチューリップの花が色鮮やかに咲いています。

d0231263_2214473.jpg

野では、野いちごの花が咲き始めています。刺が痛いですが、実がなる日を楽しみに。

d0231263_22145033.jpg

山では、シュンランの花が咲いています。今年は花の数が多いです。

d0231263_2215556.jpg

畑では、色々な菜の花が咲いています。
そして、種取りの季節です。他の種類と交雑しないように、一部は覆いをして種取りをします。
種取りの大切さと大変さ、どちらも実感しながら、種取りの技術も磨いていきたいと思います。この土地にあった野菜に育っていきますように。
by nori-lanka | 2014-04-13 22:28 | 日記 | Comments(0)

春の味覚

d0231263_22254886.jpg

とても寒い一日。そんな中、今年初の筍を発見しました。

d0231263_2226264.jpg

新鮮なうちにゆでて、頂きました。ほっくりとした甘みと春の苦味を感じました。

d0231263_22265339.jpg

野蒜は、さっと茹でて酢味噌和えや、生のまま刻んでヌタなどにしても美味しいです。

d0231263_22262851.jpg

ウルイが畑の横に、毎年生えてきます。
生でも食べられますし、おひたしや和え物にしても美味しいです。

d0231263_2227011.jpg

タラの芽。もう少しで食べごろです。

他にも、ミツバ、セリ、カンゾウなどなど、たくさんの山菜があり、春の山の恵みを頂けることは、とても幸せです。自然の力を体にしっかり取り込んで、夏に向けて頑張っていきたいと思っています。
by nori-lanka | 2014-04-06 23:35 | 日記 | Comments(0)

稲の籾まき

4月の朝ですが、午前中は雪が降り、手がかじかむ寒さ。4月なのに・・・と思いつつ、5年前の春は4月末に手が凍える寒さの中、田植えをしたことを思い出しました。
そんな中、午後には天気が回復し、今年の最初の稲の籾まきをしました。

d0231263_22415546.jpg

稲の籾は、浸水して温度を保ち、芽を出した籾を陰干ししておきます。手でまくことも楽しいですが、昨年からは、籾蒔き機を使っています。

d0231263_22431122.jpg

温室に苗を運び、これから約1ヶ月かけてじっくりと苗を育てます。最初は覆いをして育てますが、覆いを外すタイミング、水やりの頻度、昼間の温室の温度管理など、苗の状態を見極めていかなければなりません。無事に成長してくれますように。

今年の籾まきはまだ半分。4月下旬に、もう1回、籾まきがあります。
そして、今年は1つの田んぼを自然農にも切り替えてみる予定で、挑戦の一年になります。

d0231263_2242939.jpg

寒い中ですが、長寿梅が香りよく咲いています。

d0231263_22422635.jpg

白の長寿梅。

d0231263_22424652.jpg

気づけば、雪柳も満開になっています。
この時期の自然の移り変わりは、とても早いです。忙しい時期ですが、一瞬一瞬の季節を大切に感じながら、日々過ごしていきたいと思うこの頃です。
by nori-lanka | 2014-04-06 22:59 | 日記 | Comments(2)