岡山で自然農を営んでいます。日々の農作業の様子や、出荷している野菜の紹介をしています。


by nori-lanka

プロフィールを見る
画像一覧

ノリランカ食農だより

カテゴリ

お知らせ
日記
イベント
フランス
スリランカ

最新の記事

今年の枝豆
at 2017-08-13 22:52
鶏の散歩
at 2017-08-06 22:25
日本ミツバチの蜜採取
at 2017-07-30 23:53
夏野菜の収穫
at 2017-07-28 23:21
7月に入り
at 2017-07-08 20:34

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

−−−

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2014年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

畑の葉でサラダ

畑の葉を集めて、10種類位の葉とハーブでサラダセットを作ります。

d0231263_22343937.jpg

霜がおりてもなお、美しい花を咲かせ続けているナスタチウム。
花も葉も、実も楽しませてもらえます。

d0231263_2233192.jpg

海外の伝統品種のレタス。美しい葉の形です。

d0231263_22335021.jpg

色々なレタスミックス。

d0231263_22341945.jpg

冬のホウレンソウはかめばかむほど、甘みがでてきます。

d0231263_2235025.jpg

フェンネルはとてもいい香りです。小さな葉をサラダにいれます。

d0231263_22351883.jpg

黒ダイコンとパースニップ。
黒ダイコンは、サラダに入れるとアクセントに。

d0231263_22353217.jpg

赤ダイコンで彩り豊かに。

他に、ルッコラやクレソン、水菜など、畑には色々なベビーリーフがあります。これを色々組み合わせ、サラダにするととても美味しいです。
寒さが身にしみる季節となりましたが、彩り豊かなサラダを楽しめるのもこの時期です!
by nori-lanka | 2014-11-24 21:00 | 日記 | Comments(0)

インゲン豆

大豆やインゲン豆などをこなす日々。

d0231263_22135185.jpg

育て始めて4年目の高知在来の黒インゲン。畑にすっかり馴染んでくれて、私達がとても気に入っています。
お正月に黒豆として炊いても、とても美味しい豆です。

d0231263_22141534.jpg

この豆でクリームスープを作ってみたい!と、3年続けて育ててきました。なかなかうまく育たなかったのですが、ようやくみえてきました。来年には、たくさんの豆が収穫できることを願って。

d0231263_22143029.jpg

今年我が家にやってきた奈良県在来のインゲン。
小ぶりな莢を食べるととても美味しく、豆も美しい豆。来年からも育てていきたいインゲンです。

あと数種類のインゲンがあります。ようやく、インゲンへむけての準備が整ってきたように感じています。来年は、わがやの主力の一つになってくれることを期待しています。

d0231263_22161495.jpg

10月終わりからはエンドウやソラマメの種まきをし、今、ようやく発芽してきています。
豆類は大半が自家採種できているものなので、年々の進化が楽しみです。
by nori-lanka | 2014-11-23 22:25 | 日記 | Comments(0)

今年の麦

d0231263_2382520.jpg

畑の中の小さな秋。

d0231263_2384572.jpg

まだ小さいですが、この畑の水菜は元気よく成長してくれています。

d0231263_239681.jpg

今年の人参は、しっかりと根が太ってきています。掘っただけで人参の甘い香りが広がりました。

d0231263_23193948.jpg

岡山在来の赤大豆。

d0231263_2395325.jpg

大豆畑にパラパラと種を落とした麦は、きれいに発芽してくれました。

d0231263_2310425.jpg

5年目の麦は、年々力強く、成長しています。
この時期、自然の植物達は冬に向って準備を始めています。そんな中、芽を出し、日々成長している麦から、強い生命力を感じます。
by nori-lanka | 2014-11-16 23:18 | 日記 | Comments(0)

庭の紅葉

d0231263_22581184.jpg

ススキの野原。隣の耕作放棄地を眺めながら、ここが畑だったらどんなだろうと想像します。

d0231263_22582357.jpg

庭のもみじが色付いています。

d0231263_22583472.jpg

赤、黄、緑全ての色がそろった木。この時期は一瞬ですが、とても好きです。

d0231263_22584597.jpg

緑から黄色への移ろい・・・葉の軸は赤。

d0231263_22585517.jpg

夕日と共に。日が短く、日々、自然が変化していくこの時期。
数日前から、風の冷たさが変わりました。いよいよ本格的な冬がやってきます!
by nori-lanka | 2014-11-16 23:03 | 日記 | Comments(0)

冬の精進料理の献立

12/1の冬の精進料理の献立が決まりました。

以下の献立を予定しております。(若干変更の可能性はあります。)
今回のテーマは”葛”、藤井さんおすすめの九州産100%の美味しい葛粉を使った、心と体の温まる冬の料理です。

・黒米のおかゆ 葛あんかけ
・ごま豆腐
・5菜びたし
・高野豆腐の揚げ出し 葛あん
・精進八宝菜
・葛餅
・葛とろり(葛を使った飲み物)

食材は、牛窓のまろび農園さんの自然農の黒米や野菜、ノリランカの原木キノコや自然農野菜など、岡山の顔の見える農家さんの野菜を多く取り入れる予定です。

藤井さんの優しい料理とお人柄、新鮮な食材で心と体を満たして頂きたいと思います。

*もしお申し込みのメール頂いた方でこちらからの返信がない場合、こちらにメール届いておりませんので、お手数ですが、再度ご連絡お願い致します。
by nori-lanka | 2014-11-07 17:35 | イベント | Comments(0)

今年のお米作りを終えて

 今年のお米作りを終えて、ホッと一息です。
d0231263_2321810.jpg

 今年は、お米に関して、とても素敵なご縁がありました。
 昨年からお米を食べて頂いている、バリ舞踊家の小谷野さんご夫妻。「このお米を食べると元気がでる」と言って頂きました。そのことは、私たちの大きな励みとなり、また、お米のもつエネルギーという新たな視点で米作りを考えるきっかけともなりました。
 小谷野さんのバリの踊りを何度か拝見する中で、その踊りは神に捧げるものであり、自然に宿るものと繋がりをもったものであることを感じました。それは自然農で、私たちが自然や作物と接し対話することと共通するものがあることを感じ、踊りを通じて色々ヒントを頂きました。
 10月には、小谷野さんのご好意で、田んぼへお礼の舞を踊って頂くことができました。今年の収穫を感謝し、来年よりよい米作りに励むことができるように、という舞です。

d0231263_2323867.jpg

 最初に場を開く踊りの後、お米の女神のデビスリの舞を。
その後、お供え物を捧げる美しい舞、そして・・・

d0231263_2325236.jpg

 最後に、シダカルヤ様の登場です。シダカルヤとは、神様の名前ですが、バリの古い言葉で「一つの仕事を終わらせる」という意味があるそうです。終わりというのは、同時に次の始まりでもあります。今年のお米作りを終え、また来年に向けてのエネルギーを与えて頂いた気がしました。

d0231263_233672.jpg

 そして、最後にみんなで田んぼの神様に祈りを捧げました。
 私たちのお米を食べて頂いている小谷野さんに、そのお米がとれた田んぼへと踊って頂けたことで、新たな風が田んぼに入ったのではないかと思っています。

 今回の舞の「場を開く、場を清める、整える、場を閉める」という一連の流れを、農作業の中でも意識することはとても大切だと感じます。
 私たちは春になれば種をまき、作物は芽吹く、夏になれば作物は花を咲かせ、秋になれば実をつけ、それを収穫する・・・作物の成長とそれに合わせた一つ一つの作業、その積み重ねをどのようにしていくかで、作物や田畑と自分の関係もより深いものになっていけるということを教えて頂きました。

 とても素敵なご縁を頂けたことに感謝し、よりよい場(田畑)を作物と一緒に作っていきたいと思っています。
 お忙しい中舞って頂けた小谷野さんご夫妻には、改めて深く感謝申し上げます。

 現在、お二人は、岡山の勝山にて、かぴばらこーひーというお店とバリ舞踊のダンス教室をされています。とても素敵な笑顔の店長(奥様)が、とても居心地のよい空間で美味しい珈琲を1杯ずつ愛情たっぷりに入れて下さいます。是非、お店にも行ってみて下さいね!
by nori-lanka | 2014-11-03 23:17 | 日記 | Comments(0)

冬の前に

d0231263_0341059.jpg

寒さが厳しくなる前に、ショウガの収穫。

d0231263_0342161.jpg

里芋は今の時期の一押しです。
粘土質の畑のため、とてもきめの細かいねっとりとした芋になっています。

d0231263_0343476.jpg

少し遅まきのカブ。小カブで美味しいフランスのカブ。

d0231263_0344512.jpg

他の畑では今年うまくいかなかった水菜ですが、この畑では、順調に育ってきました。

d0231263_0345957.jpg

レタスもゆっくりじっくりと・・・

寒さが厳しくなる前に、寒さに弱いハーブを畑から掘りあげて、温室に運んだり・・・冬の前にしなければならないことがたくさんあります。この時期のじっくりゆっくり育つ作物を見守りながら、来るべき冬に備えていきたいと思います。
by nori-lanka | 2014-11-03 00:42 | 日記 | Comments(0)

今年のダイコン

2日間雨が降り、今日は小春日和の暖かさ。
d0231263_0265151.jpg

自家採取を続けている畑のダイコン。同じ畑で3年目。

d0231263_0262051.jpg

一時、虫の被害もありましたが、ダイコンの勢いが勝りました。

d0231263_026423.jpg

間引きダイコン。形よく、きめの細かいダイコンに育っています。

d0231263_02722.jpg

間引きダイコンは炊いて、自家製の柚子胡椒を添えて。
by nori-lanka | 2014-11-02 22:25 | 日記 | Comments(0)