岡山で自然農を営んでいます。日々の農作業の様子や、出荷している野菜の紹介をしています。


by nori-lanka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ノリランカ食農だより

カテゴリ

お知らせ
日記
イベント
フランス
スリランカ

最新の記事

羊のドーラ、貫禄の出産
at 2020-03-30 23:09
子供の夢
at 2020-03-16 23:52
春の訪れ
at 2020-03-09 23:08
冬の大仕事
at 2020-02-12 09:01
冬仕事の色々
at 2020-01-16 23:14

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

−−−

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2019年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

羊と共に

昨日で仕事納め。最後の野菜セットをお送りしました。
本年も多くのご縁を頂き、本当にありがとうございました。
羊と共に_d0231263_00072972.jpg
幸せそうなフータ。今年の春、フータがうちに来てから、羊に翻弄された一年でした。
でも、動物との暮らしはたくさんの刺激や気づきがあり、フータとハナ、そしてドーラとイネが我が家に来てくれたことは本当に感謝です。

羊と共に_d0231263_00075599.jpg
明日のおせち作りに向けて、我が家も野菜を色々と収穫。
羊と共に_d0231263_00084262.jpg
田んぼのそばの湧き水に自生するセリ。この時期はこの水が温かく感じます。
羊と共に_d0231263_00074783.jpg
畑の水菜。寒さに当たると甘みを増してきます。
羊と共に_d0231263_00073566.jpg
秋の羊のハナが急死した時、羊を飼うということの難しさを初めて感じました。羊は我慢強く、ギリギリまで表に出さないので、体調が悪化して気づいた時には手遅れ、、、ということもあると。ハナに続いてフータも具合が悪くなった時には、どうなるかと思いましたが、フータは復活してくれたことに感謝です。
そして、羊という生き物は群れで暮らす生き物なのだということも痛感しました。

羊と共に_d0231263_00073993.jpg
羊が冬に食べるものを自給できるようにすることも来年の目標です。
寒くなるにつれて、羊たちの食べる量も増える一方で、草は寒さでどんどんなくなっていく・・・町内の農家さんのキャベツや白菜の外葉を頂いたり、元牧草地の知り合いのぶどう畑の下草を刈らせてもらったり・・・そして、今の時期は干し草も購入することに。
牧草作りやサイレージ作りなどにも挑戦していきたいと思っています。できるだけ自然と共に生きる羊との距離感なども考えていきたい・・・

動物や植物、作物と共に、自然の中で生み出されていくものを楽しんでいきたい。この場所を一緒にみんなで作り上げていきたい、そんな気持ちです。

羊と共に_d0231263_00072453.jpg

今年のラストは羊の写真で。

よいお年をお迎えください。

by nori-lanka | 2019-12-31 00:43 | 日記 | Comments(0)

暖かな冬

なんだか春のように暖かな一日でした。

暖かな冬_d0231263_22531447.jpg
おばあちゃんのドーラは貫禄がありますが、実はお茶目です。
暖かな冬_d0231263_22525297.jpg
本日の収穫。
色とりどりの野菜たちの旅立ち。

暖かな冬_d0231263_22525868.jpg
雑煮大根の間引き菜。お正月のお雑煮はこの大根を使ってみます。
暖かな冬_d0231263_22530785.jpg
3頭仲良くお散歩。
暖かな冬_d0231263_22545890.jpg
私が必死で集めてきた草を、一瞬で食べてしまうフータ。幸せそう・・・
暖かな冬_d0231263_22531882.jpg
甘えてくるようになった子羊のイネちゃん。
カメラを向けると近づいてきました。

羊たちとの初の冬を迎えました。冬になると生草が少なくなるので、羊たちの餌が心配で、いろいろなところからキャベツや白菜の外葉を頂いたり、草を集めに行ったり・・・これまた多くの方に助けて頂いて、動物との暮らしもなんとか無事に。

この冬は野菜の種類が充実してます。
ようやくいろいろな根菜を掘り集め、ラスト1週間の野菜セット。
今年も大変多くの方々にお世話になったことを感謝し、今年最後の野菜セットを作っていきます。


by nori-lanka | 2019-12-18 22:58 | 日記 | Comments(0)

お餅つき

友人が、杵と臼を持って、やって来てくれました。みんなで餅つき!
自然農で育てたヤシロモチを、2升×7回。
お餅つき_d0231263_19544605.jpg
杵と臼でついたお餅は、赤ちゃんの肌のような柔らかさとキメの細かさ。
そして、ヤシロモチの魅力の力強いコシ。
お餅つき_d0231263_19545899.jpg
一晩浸水させたもち米をセイロで蒸します。
奥に見えているかまどは、臼を温めるためにお湯を沸かしています。
お餅つき_d0231263_19554923.jpg
お餅つき。
できるだけ迅速に、温かいうちについて、丸めなければどんどん硬くなってしまいます。
子供達も初めて杵を持って餅つきをして大満足でした。
お餅つき_d0231263_19552967.jpg
ついているお餅を回す作業もなかなか大変。
お餅つき_d0231263_19581261.jpg
餅がつけたら、急いでちぎって丸めます。

お餅つき_d0231263_19550333.jpg
丸めたお餅、みんなでつきたてのお餅を頂きます。
「自分で作ったお餅は美味しい!!」と何個も食べていた子供達。
お餅つき_d0231263_19560602.jpg
最後は玄米餅に挑戦。

お餅つき_d0231263_19561197.jpg
玄米餅の味わい深さに、感動。

今までは杵と臼に憧れを抱きつつ、なんとなく餅つき機でついていました。今年から、本格的に餅米の栽培にも力を入れ始め、このタイミングで杵と臼に出会うことができました。赤ちゃんの肌のようにモチモチしてキメが細かいお餅ができ、本当に感動しました。
何かと慌ただしい12月ですが、家族や仲間で集まって餅つきをすることは、意味があることなのだと感じました。
この機会を作ってくれた友人夫妻には本当に感謝です。

餅つき機を使うと、米の蒸し加減以外は、機械任せになります。でも、杵と臼でつく場合、どんな風につくか、誰がつくか、などが餅のできに大きく影響します。より美味しい餅の探求ができる楽しみと喜びがあることを感じました。
自分で育てた餅米で、より美味しいお餅をつく、これが私にとって餅米作りの最大の魅力。
そして、そんなお餅で新年を迎えたいです。

自分たちの中に、革命が起こった餅。


by nori-lanka | 2019-12-08 19:59 | 日記 | Comments(0)